FDAロゴ   お問い合わせサイトマップ更新履歴
全国共通フリーダイヤル
 
FDAとは 協会員の活動 指定校・認定校 セミナー情報 試験情報 求人情報 お知らせ 資料請求
 教室運営・開設をお考えの方へ 学校関係者の方へ マスメディアの方へ FDA会員の方へ 
協会員の活動
 
活動レポート花の現場から
 
活動レポート医療の現場から
 
認定校主催イベント情報
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

イギリスへのプチ留学は一生の宝物

北川 敦子さん(大阪府泉佐野市)

フラワーアレンジメントの教室を開いてちょうど10年目となり、勉強・リフレッシュの為、イギリスの由緒あるフラワーアレンジメントの学校「フラワーデザイン・オブ・ブリテン」にプチ留学しました。少しスランプ気味(忙しすぎて!)だったのですが、改めて「お花が好き!」と再確認でき、本当に有意義な3週間でした。

少人数制のクラスで、時には厳しく、楽しくレッスンを受けました。AM9:00〜PM4:00まで、1日に2〜3作品を制作、宿泊施設に帰ってからその日のレポートを書き、次の日に提出します。英会話は5年くらい習っていますが、そんなにペラペラ・・・というわけでもありません。でも「実技」+「先生の人柄」+「度胸」で、何とか不自由なく過ごす事ができました。

この経験は私にとって一生の宝物となりました。
帰国後は、またレッスン・仕事(活け込み等)の毎日ですが、少しは以前と違う気持ちで出来ているような気もします。ジェフリー先生に何度も言われたこと、「あなたはプロなのだから、フラワーアレンジではなくフラワーデザインをしなければならない」。この言葉を本当に理解したいと思います。また、いろいろな国、いろいろな先生の元、レッスンを受けたいと思っています。“フラワーアレンジ留学を考えている方の参考になれば・・・”と書かせていただきました。ちなみに私は44歳、夫も子供もいます。おばさんになっても、やれば出来ます。これからも花の仕事を続けていこうと思っています!

イギリスへのプチ留学 イギリスへのプチ留学
イギリスへのプチ留学 イギリスへのプチ留学 イギリスへのプチ留学
教室運営・開設をお考えの方へ学校関係者の方へマスメディアの方へFDA会員の方へお問い合わせ資料請求
Copyright (C) FLOWER DECORATORS ASSOCIATION. All Rights Reserved.